■コウバシ茶(緑茶割り)誕生のイキサツ■パート2

  ■コウバシ茶(緑茶割り)誕生のイキサツ■第2話です。 
  国産(静岡産)の煎茶の茶葉をメインに考え、女性にも飲みやすいように
焼酎の臭さを消すのは玄米の香ばしい香りが良いのでは・・・

   甘みを加えるには、抹茶だな、

  この時、粉茶を加えると舌触りがザラザラするし香りが悪いことも解りました。

しかしお茶のブレンドの割合が難しく100種類程のテイスティングを日々続けました、

 また飲食店専用の緑茶なので、水で直ぐに作れるもの、

  綺麗なお茶の自然な緑が出ること、

    舌触りが良いというのが必須の条件、

そして当たり前ですがお茶の味の深みと香りの立ちやすさを十分配慮いたしました。

また緑茶の効能・カテキンやポリフェノールの効果など期待したいところです。
画像



  他社の製品との差別化を図るためには茶葉の品質と製造・仕上げの技術精度が高いお茶の生産工場がどうしても必要でした、

 そして全国茶審査技術6段および日本茶インストラクター認定者のスタッフアドバイスにより商品化できた事が大変重要でした。

 さらにクオリティーを高めるために、

   茶葉の厳選・抹茶の産地及び商品の選択

  ■抹茶と茶葉との相性・■玄米の産地・製品の厳選(玄米の素材やいり方)など

■茶葉・抹茶・玄米とのブレンドの相性及び割合など納得の味、香りになるまで、何度も何度もテイスティングを繰り返しました。


      緑茶割り,日本茶割り,玄米緑茶割り,コウバシ茶,香ばし茶,こうばし茶,販売中    緑茶割り,日本茶割り,玄米緑茶割り,コウバシ茶,香ばし茶,こうばし茶,公式リンク
  メールでのお問い合わせ

この記事へのコメント

tuiteru-nobuo
2006年12月14日 16:56
やはり、たくさんの苦労があったんですね。すばらしい。
次なる商品開発は?
茶・茶・茶
2006年12月17日 03:33
コメントありがとう御座います、新商品は現在3種類のまったく味の違う緑茶ティーバッグを開発中です、食後のお茶でも利き緑茶が出来ますよ。

この記事へのトラックバック